ダイニング

Matsuhisa Paris(マツヒサ パリ)

匠が生み出す魅惑のメニュー

著名な松久信幸シェフが立ち上げたMatsuhisa Parisでは、アジア料理と中南米料理を融合させたグルメなメニューを、腕の良い寿司職人が丹精込めて仕上げます。ブラックコッドの味噌焼きや和牛の陶板焼きといったノブの多彩なシグネチャーメニューはもちろん、厳選した和風カクテルも取り揃えています。

時間
Lunch
  • 月~土曜日 12.00pm – 2.30pm
Dinner
  • 毎日 7.00pm – 11.00pm

メニューを見る

シェフ紹介

松久信幸(創業者兼オーナー)

「ノブ」という愛称で知られる松久信幸シェフは、伝統的な和食とさまざまな旅先で着想を得たエキゾチックなテイストやテクニックを組み合わせたユニークなスタイルを確立しました。 ペルー、アルゼンチン、アラスカで10年間過ごした後、ノブは1987年にロサンゼルスに落ち着き、ビバリーヒルズに自身のレストラン「Matsuhisa」をオープンしました。それ以来、5大陸で63軒ものレストランを展開してきました。Matsuhisa Parisは世界で6番目、フランスで唯一のMatsuhisaです。

エマヌエーレ・ボンバルディア(エグゼクティブシェフ)

「美食とは、食によって幸せを生み出す芸術であり、常に目から始まります」と語るのは、Matsuhisa Parisのエグゼクティブシェフ。和食に情熱を注ぐイタリア人シェフ、エマヌエーレ・ボンバルディアは、2022年10月からMatsuhisa Parisのエグゼクティブシェフを務めています。ヨーロッパと南アフリカで松久信幸シェフのもとで15年以上働いた後、ノブがLe Royal Monceau, Raffles Parisにレストランをオープンしたのを機にパリに移りました。エマヌエーレは寿司職人のチームとともに、ペルー料理と和食を融合させたノブのメニューを忠実に再現し、独自の技や創造性をプラスしています。